2013年 1月 の投稿一覧

wordpressのプラグインBackWPupでエラーが出た場合

自分のブログ程度ならいいが、人のwordpressやってあげるならバックアップも取っておかないとなー
とぼんやり考えていたら丁度便利そうなプラグインの記事を見つけた。

dropbox などのクラウドストレージにバックアップを自動で取ってくれる優れものだ。

この記事を参考にしてwordpressのプラグイン「BackWPup」をインストールした。

WordPress テーマファイルもデータベースもクラウドサービスに自動バックアップしてくれる「BackWPup」がおすすめ

インストールや設定は、上記のサイトを参照して貰えればと思うがインストールするとエラーが出た。

画像で見るとこんなん。

WS000027

翻訳してみよう。

/****/****/wordpress/wp-content/plugins/backwpup/tmp/ ってディレクトリがねーよバカ!

/****/****/wordpress/wp-content/plugins/backwpup/tmp/ のディレクトリを書き込み可能にしろハゲ!

/****/****/wordpress/wp-content/backwpup-22c8b-logs/ ってディレクトリがねーよバカ!

/****/****/wordpress/wp-content/backwpup-22c8b-logs/ のディレクトリを書き込み可能にしろハゲ!

と言う意味だ。

wp-content 以下のディレクトリのパーミッションを書き込み可能にしてwordpressの管理画面をリロードするとエラーが消える。

BackWPupのプログラムから、ディレクトリ作成しようとしたら権限がないので上記のエラーが出たと言うことらしい。

 

facebookで友達一覧の公開範囲を制限する方法

最近、フェイスブックのことで色々聞かれます。俺です。

facebookで友達一覧の公開範囲を制限する方法を聞かれたのでついでに記事として残しておきます。

WS000021

この設定は今のところPCからしか出来ないみたいです。
自分のページから友達一覧ページに行きます。

facebook1

「編集」クリックして、プルダウンから公開範囲を設定します。
以上。

Facebookページを開設してみて解ったこと

この記事は、2013/01/18 時点の仕様に関する記事です。

facebookの仕様はコロコロ変わるので始めに記しておきます。

facebookページ運用に関しては、前もって色んな記事を読んでいたので予備知識だけは沢山あったけれども実際にページを開設してみるとちょっとした驚きが結構あったので書いてみようと思う。

いいね!の数で出来ることが増える

いいね!25人でURLを変更できる。

これは友人がやっている三軒茶屋のバーのフェイスブックページなのだが、ご覧の通り初期の段階では

かなり長ったらしいURLになっている。

https://www.facebook.com/pages/Tuakjam/328823480554897

ちょっとこれでは使いづらいURLなので、以下のページからURLを変更することができる。

https://www.facebook.com/username/

WS000015

複数のフェイスブックページを所有している場合は、左側のプルダウンからフェイスブックページを選択して
右側のテキストボックスに変更したいフェイスブックページ名を入力する。
そして「選択可能か確認」をクリック。

WS000016

選択可能だった場合↑のようなダイアログがでるので確認する。
ユーザーネームは一度しか変更できない様なので慎重に設定しよう。

WS000017

完了すると↑の様なダイアログが出る。

これで完了。

URLが

https://www.facebook.com/pages/Tuakjam/328823480554897

から

https://www.facebook.com/tuakjam

この様に短くなった。

良かったらついでにいいね!して貰えると嬉しい。

更についでに弊社のフェイスブックページです。

運転免許&教習所ガイドのフェイスブックページ

 

いいね!30人でインサイトを見れる。

インサイトとは、そのフェイスブックページのアクセス解析のことだ。

WS000020

こんな風に、どういったユーザー層が関心をもっているかやリーチしたのかが解析することできる。
実店舗での運用面はまだ勉強が必要ではあるが、WEBサービスの場合このデータはとても重要なものになるだろう。

更に人数が増えると

いいね!400人でクーポンを使える様になっている。

まだ、そこまで行っていないので到達したらこの記事を更新したい。

チェックインスポットとフェイスブックページは統合できる

そもそも、チェックインスポットとフェイスブックページの違いが良く分かっていなかった。

これは俺が業務がWEBメインでやっていて、実店舗を構えている業態との接点が無かったのでかなり盲点だった。

チェックインスポットのページはユーザーがfacebookでチェックインするスポットとしてfacebook側が用意している場合がある。無い場合は自ら申請してスポットを作成することもできる。

対してフェイスブックページは、そのサイトや店舗のオーナーが宣伝の用途で能動的に作成するページだ。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/tuakjam

チェックインスポット
https://www.facebook.com/pages/Tuak-Jam/201660489885153
※写真はfacebookにログインしているかつ自分の友達の場合しか表示されないので安心してください。

この二つが存在するとややこしいし、リーチが分散してしまう。
その対処としてチェックインスポットとフェイスブックページを統合する手段が用意されている。

以下のページが参考になった。

Facebookページとチェックインスポットを統合する方法 - 準備篇

やってみて解ったことだが、実店舗が存在する場合は

  1. チェックインスポットが存在するか確認する。
  2. 存在した場合オーナー申請をしてスポットをフェイスブックページにする

のがスマートなやり方なのだと感じた。

スマートフォンからフェイスブックページを管理できる専用アプリがある

フェイスブックページの管理は、PCからしかできないんだろうなーと思っていたらなんと専用のアプリが用意されていた。

アプリをダウンロードしてアクセスするとフェイスブックページ専用のフェイスブックアプリの様な感じで直感的に使うことができる。
複数のフェイスブックページも管理できる。

SC20130118-143940

Facebookページマネージャ ios版

Facebookページマネージャ android版

wordpressを公開する前に最低限必要なプラグイン10個

wordpressのプラグイン名は英語表記が多いので、名前をみてもこれなんのためのプラグインだっけ・・?となることが多い。

最近依頼を受けてwordpressを構築する機会が増えて来たのもあり、これを機会にインストールしているプラグインを整理してみたいと思います。

基本要件

  • wordpress のバージョン 3.5
  • マルチサイト運用はしていない

Akismet

デフォルトで入っているプラグイン。

コメントやトラックバックをスパムから守ってくれる(らしい)。

特に理由が無ければ有効化しておく。俺のサイトはコメント使わないぜと言うのであれば必要なさそうだが。

AntiVirus

そのまんまだが、アンチウイルスプラグイン。

使用しているテーマに悪意のあるコードが無いかをスキャンしてくれる。

wordpressのテーマは無料で使用できる物が沢山溢れているが、テーマはデザイン性のみならずPHPコードなど危険なコードも埋め込めてしまうためwordpress公式サイトに乗っているテーマから選ぶのが基本です。

と解っていてインストールしていたものの、一回もスキャンしてなかったのでしてみたら自分で作った子テーマでウイルスが検出されたw

WS000007

iframeタグなんかに反応していた模様。

ちゃんと仕事してるな。うん。

AntiVirusのダウンロード

cbnet Ping Optimizer

pingの操作をできるプラグイン。

詳しくは以下のサイトが解りやすかったので参照。

WordPressにcbnet Ping Optimizerを導入しping送信を管理する方法

Google XML Sitemaps

これもそのまんまですが、サイトマップを作成してくれるプラグイン。SEO的に必須かと。

ウェブマスターツールなどへのサイトマップ登録はこれで生成したものを送信すれば便利。

詳しくは以下のサイトが解りやすかったので参照。

WordPressのサイトマップ(sitemap.xml)作成用プラグイン『Google XML Sitemaps』

HeadSpace2

こちらも、SEO系のプラグイン。

有名どころだと All-in-one SEO Pack があるがそちらよりも高機能らしい。

詳しくは以下のサイトが解りやすかったので参照。

WordPressのSEOに千手観音プラグイン、HeadSpace2・使用方法まとめ

Open Graph Pro

所謂、OGP対応をしてくれるプラグイン。

OGPはもんのすごく簡単に言うと、SNSへの投稿した際の見栄えを整えることです。

詳しくは以下のサイトが解りやすかったので参照。

WPプラグイン「Open Graph Pro」でFacebookページを楽々更新!エラーも克服!

SyntaxHighlighter Evolved

これはかなり個人的と言うか、このブログの特性上必須なプラグイン。

ソースコードを記事中に記載したい場合に見栄えよく記述することができるプラグイン。

<?php

echo 'Hello World!!';

?>

こんな感じにソースコードを表現できる。

詳しくは以下のサイトが解りやすかったので参照。

ソースコードをキレイに表示するWordPressプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」

Ultimate Google Analytics

wordpress への google analytics  導入を簡単にしてくれるプラグインです。

インストールして、トラッキングコードを入力するだけでいいのでとっても楽です。

設定の仕方は以下の記事がわかりやすかったです。

アクセス解析Google Analyticsを自動設定してくれるUltimate Google Analyticsプラグイン

WP Multibyte Patch

デフォルトで入っているプラグイン。

日本語で使う場合にいろいろやってくれているようです。

デフォルト入っているので、特に気にしたことは無かったのですが実は色々やってくれてるみたいです。

詳細は以下から。

http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

WP Social Bookmarking Light

ソーシャルボタンを簡単に導入できるプラグイン。

twitter、Facebookなどのボタンが簡単に設置できます。

最近だとLINEへ送るボタンなども追加されているので重宝します。

設定の仕方は以下の記事がわかりやすかったです。

WP Social Bookmarking Lightを導入しソーシャルボタンを設置する方法

こうやって、記事にしてみてプラグインを一つ一つ見直してみるとインストールだけして設定していないプラグインやお、これいいじゃん!でインストールして使っていないプラグインの多いこと・・

無駄なプラグインは、サーバーの容量を消費するだけなのできちんと選定して使用しないとなと反省。

WP Social Bookmarking Lightに「ラインで送るボタン」が追加されている件

以前に wordpressに公式のLINEで送るボタンを設置する方法 と言う記事を書いたがもっと簡単な方法が。

「WP Social Bookmarking Light」 と言うwordpressプラグインをご存知だろうか。

導入方法はこちらのサイトが解りやすいので↓を確認して頂きたい。

WP Social Bookmarking Lightを導入しソーシャルボタンを設置する方法

このプラグインに「ラインで送るボタン」が追加されているので、既に導入している方は設定から簡単に追加することができる。

social-bookmark

設定 > WP Social Bookmarking Light を選択

WS000005

「line」をドラッグ&ドロップで左側に移動して「変更を保存」で完了。

とっても簡単ですね。