FavTube と言うアーティスト名を入れるとYouTubeの音楽を連続再生するサイトを先月リリースしました。

ちょうど一ヶ月経過したので、記事にしてみようかなと。

FavTubeを作ろうと思ったきっかけ

俺は仕事というかプログラミングしている時は、基本的に音楽を聞いている。

音楽を聴いていると集中力が途切れないのと、テンションがあがるとノリノリで書けるからだ。

元々、他の似たようなYoutubeの連続再生サイトを使っていたがシンプルで使いやすい物があまり見つからなかったのもあって、じゃあ作るかってことで余った時間を利用して、大体一週間くらいかけて作った。

前に作った 麺stagram は3時間くらいで作ったので俺にしては真面目に取り組んだ方なのだ。

2013/03/01 ~ 2013/03/31 のアクセス数

WS000037

UUが2478人、訪問数は6千人を超えている。

一ヶ月目にしては結構すごいんじゃないだろかと自分では思っている。ていうか、すげえ。ありがとうございます。

このブログなんて、もう半年近くやっているのに遠く及ばない。当たり前だが。

技術的な話

ここからは、どうやってFavtubeがアーティストの情報やYoutubeの動画を取得しているかを簡単に書く。

まず、アーティスト情報だが全て last fm と言うWEBサービスからAPIでデータを取得している。

Favtubeのトップページに羅列してあるアーティスト名はlast fmの日本国内で聴かれているアーティストのランキングを取得して表示してある。

キャッシュにデータを保存して、週に一回データを更新している。

再生ページのバイオグラフィーや、似ているアーティストもlast fm APIからだ。

バイオグラフィーが英語なのは、言語を指定するとなぜかデータが返って来なかった為英語のまま表示してある。

SEO的に、絶対にアーティスト情報は掲載したかったので英文のまま表示したという経緯だ。

wikipediaからなんとか情報を取れないか模索したのだが結論から言うと諦めた。

サードパーティーが提供している Simple API と言うサービスがあったのだが情報が確認した限りデータが6年前の物であったため使うのをやめた。

それとwikipediaはスクレイピングが禁止と言うことで、結局last fmしか情報を取得できなかった。

last fm API

次に動画の方だが、当然ながら YouTube DATA API を使って取得している。

ここで一つ重大なミスを犯してしまった。

何をどう調べたか覚えていないが、古いバージョンのAPIで作ってしまったのだ。

暇を見つけたらちゃんとバージョン2のAPIで作り直したい。

こだわりは検索結果を取得する時に日本人アーティストだったら、日本のyoutubeの検索結果から取得する様にした所。

検索精度は結構高いんじゃないかなーって思ってる。

YouTube DATA API

今後の展開

その内、最近使い始めた laravel と言うPHPフレームワークで作り直したいなーと思っている。

youtubeのAPIのバージョンも上げたいし、データベースを構築して楽曲リストを作れる様にしたいなーと思っているからだ。

他に考えていること

  • カバーや歌ってみたなどの動画を排除したい
  • PV、MV、ライブの動画のみを流せるようにしたい

FavTubeの目指す方向性は「シンプルで高精度な再生サイト」だ。

今後とも FavTube を宜しくお願いします。