facebook

facebookで友達一覧の公開範囲を制限する方法

最近、フェイスブックのことで色々聞かれます。俺です。

facebookで友達一覧の公開範囲を制限する方法を聞かれたのでついでに記事として残しておきます。

WS000021

この設定は今のところPCからしか出来ないみたいです。
自分のページから友達一覧ページに行きます。

facebook1

「編集」クリックして、プルダウンから公開範囲を設定します。
以上。

Facebookページを開設してみて解ったこと

この記事は、2013/01/18 時点の仕様に関する記事です。

facebookの仕様はコロコロ変わるので始めに記しておきます。

facebookページ運用に関しては、前もって色んな記事を読んでいたので予備知識だけは沢山あったけれども実際にページを開設してみるとちょっとした驚きが結構あったので書いてみようと思う。

いいね!の数で出来ることが増える

いいね!25人でURLを変更できる。

これは友人がやっている三軒茶屋のバーのフェイスブックページなのだが、ご覧の通り初期の段階では

かなり長ったらしいURLになっている。

https://www.facebook.com/pages/Tuakjam/328823480554897

ちょっとこれでは使いづらいURLなので、以下のページからURLを変更することができる。

https://www.facebook.com/username/

WS000015

複数のフェイスブックページを所有している場合は、左側のプルダウンからフェイスブックページを選択して
右側のテキストボックスに変更したいフェイスブックページ名を入力する。
そして「選択可能か確認」をクリック。

WS000016

選択可能だった場合↑のようなダイアログがでるので確認する。
ユーザーネームは一度しか変更できない様なので慎重に設定しよう。

WS000017

完了すると↑の様なダイアログが出る。

これで完了。

URLが

https://www.facebook.com/pages/Tuakjam/328823480554897

から

https://www.facebook.com/tuakjam

この様に短くなった。

良かったらついでにいいね!して貰えると嬉しい。

更についでに弊社のフェイスブックページです。

運転免許&教習所ガイドのフェイスブックページ

 

いいね!30人でインサイトを見れる。

インサイトとは、そのフェイスブックページのアクセス解析のことだ。

WS000020

こんな風に、どういったユーザー層が関心をもっているかやリーチしたのかが解析することできる。
実店舗での運用面はまだ勉強が必要ではあるが、WEBサービスの場合このデータはとても重要なものになるだろう。

更に人数が増えると

いいね!400人でクーポンを使える様になっている。

まだ、そこまで行っていないので到達したらこの記事を更新したい。

チェックインスポットとフェイスブックページは統合できる

そもそも、チェックインスポットとフェイスブックページの違いが良く分かっていなかった。

これは俺が業務がWEBメインでやっていて、実店舗を構えている業態との接点が無かったのでかなり盲点だった。

チェックインスポットのページはユーザーがfacebookでチェックインするスポットとしてfacebook側が用意している場合がある。無い場合は自ら申請してスポットを作成することもできる。

対してフェイスブックページは、そのサイトや店舗のオーナーが宣伝の用途で能動的に作成するページだ。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/tuakjam

チェックインスポット
https://www.facebook.com/pages/Tuak-Jam/201660489885153
※写真はfacebookにログインしているかつ自分の友達の場合しか表示されないので安心してください。

この二つが存在するとややこしいし、リーチが分散してしまう。
その対処としてチェックインスポットとフェイスブックページを統合する手段が用意されている。

以下のページが参考になった。

Facebookページとチェックインスポットを統合する方法 - 準備篇

やってみて解ったことだが、実店舗が存在する場合は

  1. チェックインスポットが存在するか確認する。
  2. 存在した場合オーナー申請をしてスポットをフェイスブックページにする

のがスマートなやり方なのだと感じた。

スマートフォンからフェイスブックページを管理できる専用アプリがある

フェイスブックページの管理は、PCからしかできないんだろうなーと思っていたらなんと専用のアプリが用意されていた。

アプリをダウンロードしてアクセスするとフェイスブックページ専用のフェイスブックアプリの様な感じで直感的に使うことができる。
複数のフェイスブックページも管理できる。

SC20130118-143940

Facebookページマネージャ ios版

Facebookページマネージャ android版

facebookアプリから勝手にタグ付けされない設定をする方法

よく勝手にタグ付けされて怒ってる友達や、困ってる友達を見るのでiphoneやandroidから設定する方法をメモします。

facebook-tag1

メニューから「プライバシー設定」をタップ

facebook-tag2

「タイムラインとタグ付け」の「設定を編集」をタップ

facebook-tag3

「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」の「編集」をタップ

facebook-tag4

「タイムライン掲載の確認をオンにする」をタップ

facebook-tag5

「完了」をタップで終わり。

ただ、注意点としてはあくまで自分のタイムライン上に表示するかどうかだけをコントロールできる物です。

タグ付けした人のタイムライン上には表示されます。

完全にタグを削除したい場合は、タグ付けした本人に依頼する必要があります。

以下の記事が分かりやすかったです。

Facebookの「写真のタグ付け」を編集削除する方法 2012.5版

PC版の設定方法は、ライフハッカーさんの記事が分かりやすいかと思います。

Facebookでの「写真のタグ付け」を承認制にする方法

 

 

ちなみに、この設定をした後にタグ付けされると登録しているメールアドレスに以下の様なメールが届きます。

facebook-tag6

 

「投稿を確認」からタグ付けされた写真やチェックインを承認することが出来ます。

facebookグループの通知をオフにするやり方

最近facebookで勝手にグループに追加されて、どうでもいい投稿通知が大量に届いてハゲそうだったので設定しました。

パソコンから設定する場合

fb_group

左下のグループの一覧から通知をオフにしたいグループにマウスを持って行きます。

そうすると、鉛筆のマークが出るのでそこから「設定を編集」をクリック

fb_group2

プルダウンから「オフ」を選択して「変更を保存」をクリックして完了です。

スマートフォンのfacebookアプリから設定する場合

fb_group3

設定したいグループのページに移動してから、グループ名をタップ。

fb_group4

スマートフォンのロゴをタップ。

fb_group5

プッシュお知らせオフ」をタップして完了。

スマートフォンはandroidですが、iphoneでも同じ設定の仕方でいけるはずです。